サン工業株式会社

めっきQ&A

めっきの開発や研究、製造によって得られた
ノウハウやあれこれについて質問形式でお答えいたします

パッシベーションってなに?

  • 用語解説

パッシベーション処理は、パシベート、パッシュベートなどと呼ばれることがあります。日本語では、不動態化処理といいます。ニッケルめっき後のクロメート処理やアルミニウム化成処理、マグネシウムの化成処理も、広い意味ではパッシベーションになります。

一般的には、ステンレスに対する不動態化処理をさす場合が多く、処理方法も、アメリカのMIL規格やASTM規格で詳細に決められています。SUS300系の材料は硝酸系、SUS400系の材料は、硝酸−クロム酸系の溶液が用いられます。

パッシベーション処理は、めっきのように表面に皮膜を乗せる処理ではなく、ステンレス固有の不動態化膜をより厚くする処理ですので、ほとんど寸法の変化はありません。ただし、SUS303のような切削材料については、材料中の快削成分が優先的に溶解するため、つやの無い外観になってしまう場合があります。

サン工業では、SUS300系の量産対応(硝酸系)、SUS400系(クロム酸・硝酸系)の試作対応を行っております。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせ
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173