サン工業株式会社

めっき技術

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

ニッケルめっきした製品に追加工をして、もう一度めっきしたい

顧客のお困りごと

鉄製品に無電解ニッケルめっきを行ったが、一部、未加工になっていることが分かった。その部分を加工しなおしたがめっきも無くなって素地が見えているため、もう一度めっきをかけなおしたいが、めっきメーカーに相談したところ、ニッケルめっきしてある製品にはめっきできないといわれて困っている。

問題点1

ニッケルめっきは表面に酸化皮膜が生成しやすく、そのままめっきしてもめっきが剥がれてしまう

問題点2

めっきをすべて剥がしてめっきをやり直すことも提案したが、素地が見えていると剥がせないといわれた

サン工業の提案

このような場合、サン工業では2つの提案をさせていただきます。

①二重めっき

 ニッケルめっきと素材の見えている部分にそのままめっきを付けます。納期と処理コストの削減が期待できますが、素材の見えていたところと、ニッケルめっきがついていた部分で厚みが異なります。数ミクロンが許容できるようですと、こちらの方が早いです。

②剥離再メッキ

 ニッケルめっきをすべて剥がしたあと、もう一度めっき処理を行います。亜鉛めっきと違い、鉄素材のニッケルめっきは剥離に数日を要することもあり、納期と処理コストがかかってしまいます。

ポイント1

サン工業ではニッケルめっきを活性化(不動態酸化皮膜を除去)し、密着のよい薄い下地めっきを施すことで、めっきの上にめっきを付ける技術があります。

ポイント2

 鉄素材上のニッケルめっきは通常の酸やアルカリでは除去することができず、ニトロベンゼンスルホン酸塩という、ニッケルは酸化させる(溶解させる)が鉄に対しては保護膜として機能する特殊な化学物質を用いる必要があります。ところが、この物質は熱に弱く、作業していなくても徐々に濃度が低下し、最悪の場合素材が溶解してしまいます。サン工業ではこの物質も分析することのできる特殊な分析装置をもって濃度測定していますので、鉄素地が一部露出していても剥離作業を行うことができるのです。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

●ステンレスへのめっきで培ったストライクニッケルめっきの技術

●有機系の添加剤の濃度測定可能な分析能力

担当者の声

20年ほど前は、自然に分解してしまう有機系の添加剤の正体がわからず、ニッケルめっきを剥離していましたが素材まで荒れてしまったことがありました。いまでは、この物質の量が定量できるようになっているため、このようなトラブルも発生せず安定的にめっき剥離を行うことができるようになりました。

アルミニウム製品で追加工をした場合には、二重めっきの方法は使用できませんが、アルミニウム上のニッケルめっきは比較的容易に除去できますので、いったん先に行っためっきを剥離しておいてから再めっきするのが一般的です。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173