サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

アルミ材凹部へのクロムめっき付きまわり改善

顧客のお困りごと

アルミニウムの複雑形状部品で、ニッケルめっき後に硬質クロムめっきの処理を他のめっきメーカーで行っていた。しかし、製品の凹み部分にクロムめっきが付きまわらず、ニッケルめっき面が黄色に変色してしまうという不良が多発していた。アルミニウムへの硬質クロムめっきで、凹み部分にクロムめっきを付け変色の不良をなくしたい。

問題点1

アルミニウム材への硬質クロムめっき

問題点2

製品凹み部分へのクロムめっきの付きまわり性向上

サン工業の提案

一般的に、アルミニウムへの厚付け硬質クロムめっきは無電解めっき下地で実施するが、サン工業では無電解ニッケルめっきの上に電気ニッケルめっきを行い、さらに装飾クロムめっきを行う3層めっきとする方法を提案した。

ポイント1

クロムめっきの付きやすい電気ニッケルめっきを追加

ポイント2

つきまわり性のよいクロムめっきの液濃度管理

解決できたこと(成果)

クロムめっきでのクロムめっきの未着部は、茶色の異物付着のように見えることがあるが、無電解ニッケルめっきと装飾クロムめっきの間に電気ニッケルめっきを挟んだ3層めっきとすることで、クロムめっきの付きまわり性が向上し、凹部にも装飾クロムめっきをつけることができ変色の不良がなくなった。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・様々なめっきで多層めっきが可能な処理バラエティーの多さ
・つきまわり性のよいクロムめっき液の自社液濃度管理の実施

担当者の声

クロムめっきは、歴史の古い処理ではありますが、めっきコンクールの項目に入っているように、難しい処理でもあります。クロムめっきは主に、鉄や銅素材に用いられるケースが多いですが、サン工業の場合には、アルミニウム材料に対しても、3層めっきとすることで、クロムめっきの付きまわり性を向上させた処理を実現することができるようになりました。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173