ページトップへ

社長のひとり言

今年もサン工業恒例の夏祭りが開催されました。
この夏祭りが初めて催されたのは1990年で、それから途切れることなく続いてきましたので今年で27回目の
夏祭りということになります。

 


最初は20~30人でのお祭りで、文字通り手作りの和気藹々とした催しでした。
それが今日では200人以上の参加者のもとで、スケールも格段に大きく盛大に開催されるようになって来ました。

 


特に嬉しいのは社員の皆さんがそれぞれ家庭を持ち、その家族が参加してくれるようになったことと、派遣社員や
期間雇用の皆さんが参加しれくれ、国際色も豊かにまた年代も3世代にわたる幅の広い夏祭りになってきたことです。
最初の頃は私が肉を焼く係で、お祭りでは存在感を発揮出来ていたのですが、最近ではそうした活躍の場も無くなり一抹の寂しさは拭えませんが、その代わりブラジルの皆さんが日本と違った本場?の焼肉を振舞ってくれるので、今ではひたすら一お客としてバライティー豊かなメニューに舌鼓をうっています。

 


恒例のビンゴゲームでは例年のように全くビンゴにカスリもせず、わが身の悲運を嘆くことになりましたが、
ヒョンナ事から地元のミュージシャンのさんのステージもあったりして、とても楽しい夏祭りになりました。
たかが夏祭りですが、明日からの一段と脱皮したサン工業が垣間見れる、されど夏祭りとなりました。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全79ページ中)