ページトップへ

社長のひとり言

5月なのに早、真夏日のような今日の午前中地元下伊那の松川中学校の2年生の皆様に職業講話を行ってまいりました。
松川中では以前から2学年を対象とした1)働くことの大切さ 2)社会人として必要な力 の2点を念頭に置いた職業講話を地元の経営者や社会人から話を聞く機会を設けているそうです。
わたしも故郷を愛する気持ちからと、このような素晴らしい環境で育っている学生の皆さんに是非伝えたいメッセージがありましたので、今回の運びとなりました。
今年の2月にはやはり地元の手良小学校の児童にも同様のお話をさせていただきましたが、小学生と中学生では反応やウケる場所が微妙に違い、話をしていて私自身が勉強になることも多々あります。

 


時代は変わっても、変えてはいけないこと又変わってほしくないことは沢山あります。選ばれてこの世に生を受けた私たちの唯一の人生を大切にそして満足なものにしていくことが、本人にとってもまた社会にとってもとても大切なことだと思っています。
今日は130名という大変多くの生徒さん相手のお話でしたが、せめてこの中のひとにぎりの生徒さんにでも私の拙いメッセージが伝わってくれることを祈りつつの講話でした。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全78ページ中)