サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

ハサミの長寿命化

顧客のお困りごと

レジなどで使用する紙を切断するハサミはSUS420J2などの材料で作られている。中国製の安価な紙の場合、紙に含まれているケイ酸成分で刃先の摩耗がひどく、製品寿命が短くなってしまった。そこで硬質クロムめっきを行うことで、刃先の寿命を延ばしたい。

問題点1

鋭利な刃先への均一な硬質クロムめっき

問題点2

ステンレス材料に密着よくめっきを行う

サン工業の提案

硬質クロムめっきは先端部に厚く付く傾向があるが、ハサミの場合は厚くなると刃先がかみ合わなくなってしまう。そこでめっきの治具を工夫し、先端部へのめっきを抑制し、刃先に対して均一な硬質クロムめっきをつけることとした。また、前工程やめっき工程で、ステンレスに対しても密着よく付ける工夫を行った。

ポイント1

特殊治具による膜厚の均一化

ポイント2

ステンレス材料にも密着よく硬質クロムめっきを行う工程の確立

ポイント3

ステンレス材料にも密着よく硬質クロムめっきを行う工程の確立

解決できたこと(成果)

刃先に対して均一に硬質クロムできるようになったことで、刃先のかみ合わせを犠牲にすることなく、はさみの切れ味を向上させることができたまた、従来のめっき無し品と比較して、刃先の寿命を3倍程度伸ばすことができた。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・特殊治具による膜厚の均一化 ・ステンレス材料へのダイレクト硬質クロムめっき

担当者の声

刃先への硬質クロムめっきということで、特に膜厚ばらつきによって、はさみがかみ合わないリスクを想定していましたが、特殊治具をうまく設計することで、このばらつきを抑えることができ、全体的に均一な膜厚でめっき処理できるようになりました。はさみの事例だけではなく、摩耗や摩擦で製品寿命が短くなるような場合には、硬質クロムは有効な改善手段の一つだと感じています。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173