サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

環境対応型アルミニウム化成処理

顧客のお困りごと

アルミニウムの化成処理で六価クロムを用いたアロジン処理を行っていたが、RoHS指令の規制で使用できなくなった。そこで、アロジンと同等の耐食性で寸法変化の少ない表面処理を探している。

問題点1

六価クロムフリー

問題点2

外観がアロジン1000と同等でなければならない

問題点3

寸法精度が求められる製品

サン工業の提案

有機系防錆剤、三価クロム化成処理、クロムフリー(ジルコニウム)化成処理など、複数の薬剤を評価した結果、ある三価クロム化成処理薬品で、アロジン処理と同等の耐食性と外観が得られた。これを客先に提案し、量産となった。

ポイント1

三価クロム化成処理

ポイント2

六価クロムを用いているアロジン処理と同等の耐食性

ポイント3

処理における寸法変化なし

解決できたこと(成果)

六価クロムを用いずに、従来と同等の耐食性や外観を、三価クロム化成処理で得ることができた。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・六価クロムフリー ・アロジン1000と同等の外観

担当者の声

この案件は、A2017という耐食性の得にくい材料で、しかも耐食性を上げようとして、化成処理の時間を延ばすと、材料中の銅が表面に出てきて、外観を悪くしてしまうというものでした。選定した三価クロム化成処理剤は、短時間で高い耐食性を付与することができ、素材寸法を変化させることがありません。カゴ処理のような処理でも対応できるため、微小部品でも安価で耐食性を上げることが可能です。また、塗装下地の密着性向上としても効果が期待できます。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせ
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173