サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

インサート成型品のしみ出し汚れ低減

顧客のお困りごと

自動車用モーター部品で、樹脂と金属のインサート成型品への無電解めっきをしなければならないが、他社めっきメーカーでは隙間からのしみ出しが多く、約10%程度の外観不良が発生していた。めっきの種類自体も特殊なもので、対応できるめっきメーカーも少なく困っていた。

問題点1

製品がインサート成型で、樹脂と金属の間に隙間が生じてしまう構造だった

問題点2

成型品内部構造が複雑で、めっき液が中にしみ込みやすい構造だった

問題点3

めっき液や前処理液の粘度が高く、いったんしみ込むと洗浄が難しかった

サン工業の提案

製品構造上、しみ込みが発生しやすい材料であることが判ったため、前処理やめっき条件、洗浄工程まで含めて、全ての工程を見直すこととした。特に後洗浄では、粘度の高いめっき液を排出させる目的で、高温の湯洗を複数回行うことを提案した。

ポイント1

めっき処理温度とめっき速度、汚れ発生の頻度をデータ化し、汚れが発生しづらく、作業性を低下させない最適条件を探した
隙間からの毛細管現象を防止するため、めっき粒子が微細化できるようなめっき液を選定した

   めっき皮膜A       めっき皮膜B

ポイント2

水洗や湯洗の工程を検証した結果、浸漬時間と汚れの発生に相関が見られたことから、短時間で複数回繰り返す洗浄方法を導入 洗浄⇨エアーブローを繰り返すことで、隙間に入った汚れを除去することができた

解決できたこと(成果)

試作を重ねた結果、脱脂を行う必要が無いことが判明した。脱脂を省くことで、樹脂部分の濡れ性が低下し、製品内部へのしみ込みが抑制された。
また、めっき条件として、高温処理だとしみ込みやすいことが判明したため、可能な限り低温で処理条件とした。めっき後の洗浄工程では、しみ込んだめっき液を排出させるため、短時間での湯洗、エアーブローを複数回繰り返すとともに、変色防止効果の高い撥水性変色防止剤を選定することで、さらなる耐食性の向上を実現した。
数値的には、不良率を10%程度から0.1%以下まで低下させることに成功した。

     改善前           改善後

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・インサート成型された真鍮素材へのめっきにおける、めっき液の選定や洗浄方法、変色防止剤の効果など多くの技術的課題の追究
・多くの薬品評価の実績から、製品にあった最適なめっき液の選定、組み合わせによる品質の作りこみ
・試作結果が良かったこと受け、2~3週間での量産設備構築

担当者の声

非常にハードルの高い品質改善でしたが、不良率が大幅に下がったということで、お客様にも大変喜んでいただきました。弊社に依頼がくるようになって、もう10年以上が経過しましたが、現在も処理の依頼をいただいており、うれしく思っています。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173