サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

窒化処理されたSCM材に対する硬質クロムめっき

顧客のお困りごと

お取引先で材料自体の強度を高めたいため、SCM材に窒化処理を行っている。さらに表面の硬度も上げたいため、硬質クロムめっきを検討しているが、クロムめっきが付かない、剥がれる、マスキングが必要など課題があった。

うまくめっきできない事例

問題点1

窒化皮膜の上にクロムめっきできない

問題点2

ハガレや無めっきが発生してしまう

問題点3

マスキングが必要

サン工業の提案

クロムめっきが付かない理由は酸処理後の表面に残留するスマット成分だと特定し、めっき工程及びめっき槽でスマット成分を除去する工程を確立した。

ポイント1

めっきが付かない原因を徹底調査し特定

ポイント2

既存工程を利用し、めっき中の陽極電解をおこなうことでスマットを防止

工程内スマット除去法にてクロムめっきした製品

ポイント3

耐熱800℃の密着性を実現

耐熱800℃でも剥がれ無し

解決できたこと(成果)

素材自体の強度を窒化処理で高めつつ、表面を密着のよい均一な硬質クロムでめっきできたことから、自動車のエンジン成形金型として使用することができる性能を持たせることができた。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・難材料へのめっき処理
・分析機器により試作結果を社内で調査しフィードバック
・製造課、開発課、品質保証課で連携して問題解決

担当者の声

当初はまったくめっきができず、めっきできてもバリバリに剥がれてしまい、技術的に無理だと諦めかかっていました。しかし、原因が窒化皮膜を酸処理する際に発生するスマットということが判明してからは、工程内でどのように除去できるかを考えて改善をすることができました。この部品にめっきできたことで、自動車エンジンを作る金型ができたということですが、我々の乗っている自動車の金型かもしれませんね。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

サンプルめっきのご相談 不良解析・表面分析のご相談 表面処理に関するお問い合わせ 量産についてのご相談
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173