サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

めっきのムラ改善

顧客のお困りごと

大きさ数ミリの微小真鍮部品でバレルを用いて電気すずめっきで処理していたが、製品同士の張り付きで、無メッキやめっきムラが多発していた。

問題点1

微小部品のすずめっきの無メッキ、めっきムラ

問題点2

シミ汚れ

問題点3

めっき厚のばらつき

サン工業の提案

客先と打ち合わせたところ、すずめっきの目的は、表面の接触抵抗を下げることであり、膜厚は薄くてもかまわないということだったので、無電解すずめっきを提案。

ポイント1

微小部品への均一な膜厚

ポイント2

無メッキやめっきムラの発生しない処理

解決できたこと(成果)

サン工業|解決事例コンテンツテンプレート サン工業|解決事例コンテンツテンプレート 100% 10 いままでは、バレルでめっきしていたため、めっき厚がばらついたり、無メッキやめっきムラの不具合が発生していたが、無電解すずめっきに変更して、これらの不具合が皆無となった。また、処理時間が短くなり、1回のバッチで処理できる個数も増えたことから、めっき単価を下げることができた。 スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。 いままでは、バレルでめっきしていたため、めっき厚がばらついたり、無メッキやめっきムラの不具合が発生していたが、無電解すずめっきに変更して、これらの不具合が皆無となった。また、処理時間が短くなり、1回のバッチで処理できる個数も増えたことから、めっき単価を下げることができた。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・微小部品へのすずめっき ・シミ汚れの出ない後処理、洗浄方法の確立

担当者の声

無電解すずめっきは、銅や真鍮素材しか使用できず、成膜速度も0.1μm/分程度で非常に遅いものの、均一な膜厚でめっきムラなく微小部品にめっきすることが可能です。特に、膜厚が必要でない部品であれは、無電解すずめっきにすることで、複雑形状にも均一にめっきでき、一度にたくさんの量をめっきできますので、コストダウンにつながる可能性もあります。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせ
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173