サン工業株式会社

解決事例

これまで弊社で実績のあるめっき技術を用いた
様々な問題解決事例についてご紹介いたします

A7075材の硬質アルマイト外観の改善

顧客のお困りごと

A7075材の硬質アルマイトで他社に処理依頼したところ、外観にブツブツとした異常が見られた。処理業者Aに改善を依頼したが、【この材料はこういう風になる】といって取り合ってもらえなかった。A7075材できれいな外観の硬質アルマイトを施したい。また、アルマイトの膜厚によって寸法がずれてしまうため、精度よく膜厚をつけたい。

問題点1

A7075でブツブツのできない硬質アルマイト処理

問題点2

寸法精度の向上

サン工業の提案

A7075材は素材に腐食しやすい成分が含まれており、前処理やアルマイト工程によってはブツブツが生成してしまう。サン工業では、表面を溶解させないような処理で硬質アルマイトを行うことで、きれいな外観で仕上げることができた。

ポイント1

通常の前処理方法を行った場合の外観で、ブツブツしているところが素材の介在物がもともと埋まっているところ。

ポイント2

サン工業で前処理を改善して処理した硬質アルマイト(30µm)の外観。

解決できたこと(成果)

表面を荒らさないような前処理を導入、処理製品ごとの膜厚管理手法を標準化し、外観品質及び寸法精度のよい硬質アルマイト処理を提供することができた。

問題解決に関わり提供できる技術等の優位点

・素材にあった前処理及び処理条件の設定 ・アルマイト膜厚の可視化による高精度化

担当者の声

一般にアルマイトやめっきの表面処理では、処理前の素材をいかにきれいな状態にするか、ということで、長い間処理が用いられますが、A7075については、前処理をすればするほど、素材の腐食しやすい部位が侵されてムラを生じてしまいます。前工程を短時間で済ませることで、ムラの無いきれいな表面状態の硬質アルマイトが可能になり、現在では、この材料の表面処理の引き合いが増えてきています。

お問い合わせ

表面処理のご相談や資料のご請求などお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせ
TEL
0265-78-2510 0265-78-2510
FAX
0265-78-4173