ページトップへ

技術レポート

アルマイトのクラックについて

アルマイトに関する相談で多いのが、表面に発生するクラックについてです。 

クラックは表面に発生する「割れ」のことで、断面を観察すると素材まで達するものがほとんどです。一般的に、同じ硬質アルマイトでも、硫酸浴とシュウ酸浴とでは、硫酸浴の方がクラックが発生しやすくなっており、硫酸浴の方が耐食性の悪い原因の一つになっています(硫酸浴でも条件を整えてあげることで、クラックフリーにすることができます)。

下の写真のように、アルマイト後の製品に温度をかけると熱膨張の関係で、さらにクラックが入るようになります。アルマイトの工程内では、クラックを減らす場合には、処理槽の温度を下げたり、低い温度で乾燥したりといった工夫をします。

ただ、クラックがあることで、その中に油が浸み込んですべりが良くなり、製品がより長持ちしたりすることもありますから、用途によって選択していくことが肝要だと考えていいます。