ページトップへ

技術レポート

3価クロメート中の6価クロムについて

3価クロメート処理された亜鉛めっきには、微量に6価クロムが含まれることがあります。これは、
・ クロメート液中の3価クロムが一部、6価クロムに変化
・ 6価クロメートと3価クロメートが同じラインの場合は、液の混入の可能性
などの原因があるといわれています。
弊社での処理品について調べてみると、クロメート液を立てた直後のものは、6価クロムが検出されませんが、廃棄前のもので処理すると、0.03μg/cm2程度が検出されることがあります。ただし、これは、自動車業界の規格よりも十分に低い値であり、ppm換算の場合は、数ppmとなりますので、RoHS指令、ELV指令などへの対応については、全く問題ありません。