ページトップへ

商品紹介

亜鉛ニッケル合金めっき

耐食性が非常に良好なめっきで、亜鉛めっきにNiが15%前後合金化しためっき皮膜です。

RoHS指令やELV規制が実施されるまでは、6価クロムを用いた「グリーンクロメート」の耐食性が優れていたためあまり注目されませんでしたが、6価クロメートの廃止にともなって、盛んに取り上げられるようになりました。

一般に、亜鉛めっきなどは、自己犠牲皮膜といって、鉄素材よりも亜鉛のほうが腐食しやすいため、先に自分が腐食することで鉄の腐食を防ぐ働きがあります。亜鉛ニッケル合金めっきは、この自己犠牲皮膜の特性を持ちながら、それ自身も腐食しにくいという特徴を持っています。

サン工業では、自動車部品などにこの亜鉛ニッケル合金めっきの量産を行なっております。