ページトップへ

分析機器・めっき設備

分析室

   

 

【分析室概要】

めっき製品の高度化と品質は、めっき液をどのようなレベルと頻度で管理しているかが重要となります。サン工業では、従来からの手分析のほか、原子吸光分析装置などを用いて月に1000件以上にもなる項目についての分析を実施してきました。このたび、より微量な元素分析とRoHSやELVなどの欧州規制物質の社内分析に対応するため、誘導結合プラズマ発光分光分析装置(Inductively Coupled Plasma、ICP)を新たに導入しました。これに伴い、分析室を新設し、従来からの分析装置などもよりよい環境と高い信頼性で使用できるようにしました。
また、分析室に隣接して環境評価室を新設し、塩水噴霧試験機や恒温恒湿試験機での耐食性試験も実施しています。