ページトップへ

技術レポート

酸性亜鉛ニッケル合金めっき

従来のアルカリ性亜鉛ニッケル合金めっきは、亜鉛めっきの3価クロメートの耐食性を補う目的で急速に普及しましたが、めっき速度が遅い、皮膜が脆い、鋳物に直接めっきができない、などの欠点がありました。

酸性浴の亜鉛ニッケル合金めっきは、ニッケル共析率も、アルカリ浴同様に15%前後となっており、耐食性も良好です。また、トップコート(シーラー)を用いることで、巣穴の多い鋳物でも、高い耐食性を示します。そのため、最近は自動車のブレーキ部品やエンジン部品などに使用されるようになりました。

 亜鉛ニッケル合金めっき外観

 

サン工業では、試作ラインを用いて、このハイニッケルタイプ(15%)の酸性浴亜鉛ニッケル合金めっきのサンプル処理を開始いたしました。ぜひ一度お試しください。