ページトップへ

番外編 新本社棟探訪

【第46回】新本社棟探検の巻

 サン工業の新本社棟が完成し、17年1月より業務が始まった。そこで今回は、新本社棟をチラリとご紹介します。  

 建物は4階建で、工場と社員食堂、会議室、総務などが入る。サン工業を訪れたことのある人はご承知のとおり、この会社は南アルプスを見晴らす絶好のロケーションにある。新本社棟最大の特徴は、その眺めを余すところなく楽しめる点だろう。お客様との打ち合わせスペースから、社員食堂から、その隣のカフェスペースから、4階のホテルのラウンジのようなソファから、そしてなんとエレベーターの中からも、仙丈ヶ岳をはじめ南アルプスの山々を望める。建物の東南の角はガラス張りになっているから、パノラマのように絶景が楽しめるし、「サン工業」の名の通り日当たりがよくて気分も晴れやかになるし。こんな環境で商談したらきっとうまくゆくこと請け合いである。

 工場は、2階まで天井高を確保した1階の大スペースと、3階にも設けた。今後ここには自動車部品をはじめ付加価値の高い表面処理ラインが置かれる予定とか。社員食堂もずいぶん広くなり、全社員が参加する勉強会のスペースも確保。女性更衣室はパウダールールを備えるなど、働きやすい環境にも気を配っている。

 次のステージへ向かって、サン工業が動き出した。そんな意気込みを感じる新本社棟です。皆様もぜひ信州伊那谷のサン工業へお越しください。